2007年05月16日

Can't stop crying

そこは銀座のとあるマジックショーレストラン。地下に続く階段を降りドアを開けると想像していたものとは少し違ったシックな空間が広がる。私たちのお気に入りだからここにMiHOを連れてきたかったんだーって嬉しいことを言ってくれるいつもの二人。
ここはコース料理が終盤にさしかかる頃、それぞれのテーブルにマジシャンがやってきて目の前で次々と不思議な手品を繰り広げてくれるんである。

たまに自分の手でもやらせてもらえたりする。トランプ持ってたはずなのにいつのまにかそれが透明なガラスにすりかわっていたり、どっかに移動してたり。えぇーーーっ!!?っていったい何度叫んだかわからない。どうして、どうして??マジックって目の錯覚なの?あんな近くで見てても全然タネが分からないよ。勝手に数が増えたりするしさぁ。。

そんなこんなでかなりはしゃぎまくっていたところに。

じゃあこれで最後です、とマジシャンが手元の布からまるで魔法のように取り出したもの。
それは2通の手紙だった。「はい、あなたにプレゼントですよ」って。

・・・やられた。
まったくもう。このコたちときたら。

私のツボをぎゅんぎゅん押さえまくりで涙腺のゆるみが絶好調であるよ。

そして夜中の3時に手紙を読んで号泣。こんなに泣いてばっかの日々もそうそうないかもしれない。色んな想いが交差してぶつかり合う瞬間、心だけじゃ受け止めきれないものたちがはらはらと涙にかわってゆく。嬉しさでも切なさでも不安でも苦しさでもいい。今の今、こういう日々を送っていられることを私はとても幸せに思う。ずっと、忘れないと思う。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42295015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。