2007年04月30日

所有欲との戦い

ようやく重い腰をあげ、荷造りを始めました。必要最低限のものを見極めながら、それ以外は数秒考えたのち思い切ってゴミ箱へshoot,shoot,shoot! そして上海便と鹿児島便に振り分けてゆく。住み慣れたこの街に自分の居場所がなくなってしまうというのもなんだか寂しいなぁーと若干の感傷にひたりつつ。

なんつっても引越しは今回で人生7回目。うち、上京後は4回目。
もう自分の荷物と呼べるものはどんどん少なくなっていき、今回ついに「スーツケースでどこへでも」レベルに達しそうです。
いや、それは言いすぎか。プラス、ダンボール箱3つ4つくらい。本来ならオシャレ盛りの年代であろう婦女子がそれってどーなのよ、とも思いますが。

所有欲って不思議なもので、自分のものであるうちはそれがとても必要な気がして「今は使わないけどいつか、、、」と溜め込んでしまうのだけど
いったんハラを決め、えいやっ!と放り出してしまえば、あとはウソみたいに執着心がなくなる。
そして捨てれば捨てるほどモノに対する所有欲はどんどん薄れていき、その代わり本当に自分に必要な物だけが見えてくる。
削ぎ落とすってこういうことなんだと身をもって実感している次第です。

今回ひとつだけよぉーく分かったこと。私やっぱり思い出を捨てられないみたい。
写真とか手紙の類は言うまでもなく、例えば学生時代に友達とバカみたいにやりとりした手紙。たぶん授業中とか藁半紙のプリントの裏に書きまくったやつ。一見すると完全にゴミくずのかたまりでしかない。でも一枚手にとってくしゃっと広げてみると当時の空気がそこはかとなく一緒に広がって懐かしさでいっぱいになる。書いてある内容のほとんどは完全になんじゃこりゃ…なんだけど、そういう何気ないものが一番の宝物になってたり。

そしてぐちゃぐちゃのそれらを眺めながら、なんでこんなとこまで持ってきちゃったかなー、と我ながら苦笑しつつ。。やっぱりどうしても捨てられなくて鹿児島便へとのせられることになったのでした。

あ、ちなみにもったいないオバケが出そうだから全て捨ててはいませんよ。

ある時はちゃりんこでえっちらおっちらブックオフへ。
ある時は友達に頼んでフリーマーケットへ。
ある時は実家の妹へ強制送付。

こんなかんじで。

所有欲との戦いは、明日からも続く。
posted by MiHO | Comment(2) | TrackBack(0) | diary

2007年04月21日

繭糸を紡ぐように

怒涛の飲みWEEK終了。気づいたらなぜか右手首に大きなアザができていて、なぜか体のあちこちが筋肉痛で、なぜかコートのポケットの中にぐちゃっと千円札二枚が入っている。これ如何に?

月〜金フル飲みは自分の酒乱全盛期以来だと思うけど、2日間連続の朝までカラオケは人生初の快挙です。一日目ですでに蘇生不可能かと思われましたが、それがカンフル剤となって二日目の方がスパークしてしまいました。ノリとお酒に押し切られてしまうわが身の悲しさよ。

これらは一応、送別会も兼ねてのものだったのだけど、昨日は2次会のカラオケルームに入室するなり「MiHOはこっちに座って!」と席を指定される。なんじゃ?と不思議に思っていたら皆が揃ったところで部屋の電気を落としノートパソコンを広げられた。そしてケツメイシの「さくら」と共に懐かしい風景の映像が流れてくる。なんとそれは会社のみんなからのビデオレターだった。

私が退職した日の花束贈呈のシーンに始まり、上司から順々に続く爆笑映像&温かい応援の言葉たち。ところどころに挿入されるいつもの日常風景。こんなものを作ってくれてたなんて、と感動で胸がいっぱいになってきたところへ仲の良い同僚たちからのメッセージが続くのだからもうたまらない。20分にも及ぶその短編シネマを見終わる頃には涙と鼻水で顔がぐちゃぐちゃになっていた。そして御礼を言うのもままならない状態で、今度はカラオケで「さくら」に突入。号泣しながら歌ってたのは言うまでもなく。

みんな仕事もハンパなく忙しいのに、本当に感謝感激です。私はつくづく幸せな場所で働けていたんだなぁ。

そう、そこにいた3年という月日の中で徐々に紡がれていったもの。人との出逢いは本当に細い細い糸を紡いでいくようなものだと思う。一本の繭糸が行きつ戻りつしてなめらかな光沢の絹が織り上げられた時、その美しさは何ものにも代え難い至高のものとなるのだ。

そして私はその絹のスカーフを巻いて旅に出る。もしも道に迷ったらそれをしゅるるとほどいて手に取り眺め、また新たな繭糸を紡いでいくのだよ。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月17日

哀しき雨女

「湿度のある女」と言われるのは嬉しいけれど、単なる「雨女」では色っぽくもなんともありゃしません。

ここ数日間、三寒四温というには戻りすぎってな寒さに加え、おてんとさまはいったいどこいっちゃったのさーと天に向かって嘆きたくなるほど断続的に続いている雨、雨、雨。しかも私が外出しなきゃいけない日に限って、雨。さっきまで晴れてたのに出かけるわよって時になると降りだす、雨。私が外にいる時間だけ降ってるような気もするわよ、雨。あめ、あめ。
…もう歩く雨乞い機とでも呼んでいただきたいほどなんである。

そんな私だって毎日昼間っから布団にくるまって本読んでたり、中国語のテキストと格闘していたり、カラオケルームの床がシャンパンまみれになっているのにも気づかずソファーの上で踊りまくったりしているわけではない。

たまにはちゃんとデートなんてしてみるのである。

デートの定義はいまひとつよく分からない。男子でも婦女子でも、二人で会うことがデートなら私はほんとに恋人をとっかえひっかえしてるどうしようもないやつなわけですが、明日はちょーっと違う。

待ち合わせ場所と時間をきちんと決めて、事前にコースを下調べして、久しぶりにマニキュアを綺麗に塗りなおしてみたり、着ていく服を一週間前から悩んでみたり。何よりもそこへ向かう足がちょっとスキップ踏んじゃいそうなくらいの由緒正しきデートなのです。

でもやっぱり天気予報は、雨。
どうせ濡れそぼるなら、水もしたたるいい女、になれるといいんだけど。
posted by MiHO | Comment(4) | TrackBack(0) | diary

2007年04月16日

4月13日の金曜日

DSCF2806.jpgDSCF2800.jpg調子にのって祝杯じゃあーーーなんて言っていたら祝杯あげすぎてしまい、ここ二日間完全にダウン。ビア焼酎シャンパンワインごっちゃまぜの威力を痛すぎるほど痛感しました。さらに朝までカラオケなんていっちゃって、みんなでアゲアゲ☆エブリナイト踊りまくりなフライデーナイト。あの曲、頭から離れなくなるから困るよね。なーなー、なななー、なななー、なななー♪って。

中国語検定の件は、嬉しすぎて思わず上海の老板(日本人です)にメールしてしまった。これでやっと顔向けできるぅーとホッとしていたのもつかの間、返ってきた返事には「これで心置きなくこき使えます。」・・・いやん、お手柔らかに。

そんな金曜日は、のんびりカフェデートから始まった。同期退社した同僚と二人でプー生活満喫するっぺかぁーと向かったのは表参道。さらに歩いて歩いて原宿のはずれのほうへ。
kurkku cafe(HPに飛ぶと、小鳥がぴよぴよ、っていいます。)

ここのウリは屋上に小さな庭園があること。すみっこのベンチに座ってゆっくり飲み物をいただけます。今の季節は本当に気持ちいい。

しかし最近デートばっかりです。大勢で盛り上がるのも楽しいけれど、やっぱり人と人って一対一だと思うわけ。ゆっくりじっくり仲を深めていくにはごまかしのきかないその距離で対峙しながら相手を知っていきたい。そして自分のことも知って欲しい。そうやって生まれたものってきっと簡単にはなくならないし、いつまでも大切にしていきたいと思うのです。

帰りにチラっと寄った原宿デザインフェスタギャラリーも楽しかったわん。
DSCF2817.jpg
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月12日

毛沢東さん、いらっしゃい。

DSCF2793.jpgI'm ミリオネア。

会社の送別会にて、お祝いの品?に人民元を頂きました。ワオ、ワオ。もち、ファイナルアンサー!?形式、スタートは10角(≒15円)獲得にて。

もう、こんなにいっぱいの毛沢東さんがいらっしゃるとワタクシ緊張しちゃうじゃないですか。ちなみにケースの下のほうはほぼダミー札ですが、わざわざこういう演出をしてくれたことが感激の極みなわけです。一枚いちまい使うたびにみんなの顔を思い出してしまいそう。

元でお給料をもらい、元で生活し、元で勝負するということ。
今はまだこども銀行のお札にしか見えない毛沢東さんも、そのうち重みが増してくるんだろうなぁー。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月10日

COUNTDOWN

久しぶりにー。ヨッパライあるよー。今週は送別会ウィークでございまして、毎晩いろんな人たちと会えるのがかなり楽しぃみ。

でも送り出されるのって苦手なの。送り出すのは大好きなんだけど自分がその立場になるとなんかこっぱずかしくて、なるべく控えめ控えめでお願いいしますーってなっちゃう。主賓のごあいさつとかさ。もうありがとうくらいしか言えないじゃん、それがすべてだから。

特に今回は事情が事情なので、なんだか周りのほうが盛り上がってしまって、、、こりゃーヘタに帰ってこれねーな

でもまだまだ日本にいるからね。今のところ渡航予定時期は5月末くらいです。大切な友人の出産を見届けて(聞き届けて?)、会いたい人たちにいっぱい会って、いちお最後になる東京生活満喫して。。。一日一日を大切に過ごしてゆきたいと思います。

カウントダウン、開始。
posted by MiHO | Comment(3) | TrackBack(0) | diary

2007年04月08日

チーム・マイナス40%

わがはいの部屋はなにゆえいつもこんなに荒れているのであらふか。帰ってきたらいつもぴかぴか床には埃ひとつ落ちておらず。さふいう部屋に私は住みたい。

いやもう、ほんと。ちょっと忙しい日が続くとどっからこんなにモノが湧いてくるのか自分でも不思議なくらい足の踏み場がなくなってたりする。特に退職後のこの時期、大切な書類やらを「すぐ必要なものだから」とそのへんに放置しておくと、あっちゅーまに似た類のものが山と積み重なり。。。本当に必要な時には見つからなくなってしまう。散らかし方だけはまさに天才的だと思います。

こんな私なので中国に行ったら阿姨(アーイー)を雇うことを本気で考えている。アーイーとはお手伝いおばさんみたいなもので、時給150円くらいで掃除、洗濯、料理、子守り(最後のひとつは要りませんが)結構何でもやってもらえるらしい。あっちでは日本ほど「お手伝いさん=お金持ちの人が雇うもの」って感覚はなく、みんな気軽に週2、3回とかお願いしてるようなのである。

でもその前に引越しという大仕事もあることだし。当分は荷物の削減に努めたいと思います。チーム・マイナス40%くらい、散乱化防止。
posted by MiHO | Comment(2) | TrackBack(0) | diary

2007年04月07日

私の中のMr.Wicked

DSCF2641.jpgとにかく最初の印象はサイアクだった。異動してそうそう思慮のカケラもない言葉をぶつけられ、こんな上司二度と口も聞くもんかと思っていた。
だけど今ならその毒舌っぷり含め、“らしい”なぁぷぷぷ、と苦笑してしまうような出来事。

私が「中国に行きたい」と言い出した時は、仕事中会議室に呼ばれお説教されたこともあった。どうして突然中国なんだ?ちゃんと今後のことを考えてるのか?蓄えはあるのか?詰問にも近い状態で矢継ぎ早に質問されたけど、私のことを本当に考えてくれてるんだということがじんじん伝わってきてそれは痛いほど。そして負けずに真剣に話をしたのち、君がそこまで考えていたとは知らなかったよ、そういうことなら僕も心から応援させてもらう、と手を差し出してがっちり握手した。

そんなMr.Wickedが、私が退職する日は素敵なお店に連れてってくれた。アナタに日本を忘れてほしくないし、ちゃんと戻ってきたくなるよう今日はとっておきの和食のお店を選んだんだよ、という一言。ただでさえ涙腺ゆるみまくりの日にまた泣き顔になってしまうとこだった。

そして次から次に運ばれてくる繊細なお料理たちに舌鼓を打ちながら同僚と二人、時にしんみりと、時に爆笑しながら彼の話に聞き入る。自分を守るプライドじゃなく自分をさらけ出すプライドを持ってる人って素敵だ。何ものにも揺らぐことのない強さとそれに裏打ちされた素朴さこそがきっと人を惹きつけるんだと思う。

帰り道、タクシーの車内から綺麗に晴れ上がった空を見上げ、Mr.Wickedはまた独り言のようにつぶやく。
「この季節になると、都内にはこんなに桜があったんだってびっくりするよなぁ。冬の間じいっと絶えて季節がくれば綺麗に花を咲かせる。人間の人生も同じかもしれないなぁ。」
その言葉になんと答えるでもなく横で一緒に空を見上げていたけれど、それがどういうつもりで発せられた一言であれ私にとってはまた涙が出そうになるものだった。忘れられないシーンは、こんな何気ない日常の中でひとつひとつ増えていく。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月06日

アクアマリンのお守り

DSCF2765.jpg嬉しい頂きものです。
パワーストーンをあしらった可愛い携帯ストラップ。

アクアマリン(ブルーの)は悪いものを寄せ付けない石と言われているらしいです。女性の魅力をUPさせるというローズクォーツ(ピンクの)も一緒に。

「石専門のすんごい先生に“気”を入れてもらったから、お守りになるわよ!」と笑いながらおっしゃるM先生。私のことを娘みたいに思ってくれてるようでとても嬉しい限り。
でもね、きっと本当の娘だったら手ぇやきまくりで大変だったと思うよ、先生。。。

そしてアナタはすべてを捨てる潔さがあるからきっといいものも入ってくるのね、って言われて、そうかなぁー♪って一人の帰り道るんるん歩いていたら。
「すいません、これ落としましたよ。」と見覚えのあるパシュミナを持ったおじさんが。
…そこまで全部捨てなくても、私。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月05日

極上親子丼

人形町玉ひでの極上親子丼です。
DSCF2553.jpg
もう言葉はいらない。。本当においしゅうございました。
かなり早めに到着したつもりだったけど、それでも行列に並ぶこと45分くらい。(ランチタイムです。)
DSCF2547.jpg
この親子丼一筋、な雰囲気がいいねぇ。もともとは軍鶏料理のお店ですよ。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月02日

新年度の所感

DSCF2727.jpg新学期、新年度、入社式、入学式。
日本ではある意味お正月より大事な節目と言っても過言ではない。すべてがリニューアルされる今日、4月はじめの月曜日。

そんな私はいよいよ本格的プー生活のはじまりです。もう朝の目覚まし時計は要りません。ゆっくり起きてご飯作って、気が向いたらお昼寝して本読んで。
しかし好き放題ほっとくと昼夜逆転引き篭もり体質になるのは目に見えてるので、あえて毎日決まった時間に起きるようにはしている。そしてできるだけ外に出る用事を作って、気持ちは外へ、外へ。気持ちよく生きてくためにはある程度の自己管理も必要ということが最近やっと分かってきました。

しかし自分でもここまで簡単にマインドが切り替わっちゃうのかってくらい、スーツ姿のリーマンを見ると自分が完全にアウトローな気がしてきて、さらには就活中であると思われる女子大生の群れにすら頭下げて歩きたくなってしまう始末。
すいません、すいません、月曜日のお昼から桜並木お散歩とかしててすいません。。

そうなのです。本日は飯田橋でのヤボ用ついでに市ヶ谷〜九段下と都内随一の桜の名所を楽しんで参りました。なんだかんだとお花見のお誘いを逃しまくり、少し遅めの一人桜紀行。

このへんはすごいね。桜のトンネルだね。風がびゅうっと吹いて桜の花びらが舞い散り、ほんまモンの桜吹雪を何度も体験できました。天気の良い日にまた来たいけど、もう葉桜になりかけで間に合わないかしら。

気づいたら靖国神社の前。ここにはかつて夜桜能を観に来たことがあったけど、そういえばちゃんと参拝したことなかったなーと思って境内まで足を踏み入れてみた。これから日本を離れる身としてはなんとなく避けて通れない場所でもある。何が語れるわけでもないけれど。

NHK教育テレビの中国語講座も今日から新しくリニューアルされて、お決まりのピンイン、マーマー、からやっていた。今年度の新しい特集は「中国鉄道の旅」だって。中国大陸3万6000キロを俳優のなんちゃらが鉄道で旅します、だって。
もぅーやめてくんないかなぁ、そういうの。今すぐ荷物まとめて中国飛んでっちゃいたくなるじゃなーーい。仕事じゃなくて、旅しに行きたくなるじゃなーーーい。
posted by MiHO | Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2007年04月01日

flower, flower, flower

今回嬉しいことに、お花をいっぱい頂きましてん。

こんな機会もそうそうないので
嬉しくていっぱい写真撮っちゃいました。
DSCF2671.jpg
薔薇ももちろん素敵なのだけど、このピンクのつぶつぶがとても可愛くて気になるるー。
DSCF2684.jpg

紫ばーじょん。
DSCF2673.jpg

オレンジばーじょん。
DSCF2691.jpg

DSCF2692.jpg

もっかいピンク。
DSCF2697.jpg

DSCF2702.jpg
ありがとう。
posted by MiHO | Comment(7) | TrackBack(0) | diary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。